MUSHIN JAPANESE CAFE その67 WE Academyのオーナーから出ていくように言われました

前回はこちら

前回はこちら ビジネスパートナーとミーティングを行いました 場所はSM、大型ショッピングモールです。 さて、今回打ち合わせ...
スポンサーリンク
スポンサードリンク

WE Academyオーナーから突然の呼び出し

午前中に突然フィリピン人マネージャーから、WE Academyのオーナーと話すように言われました。

私はとても悪い予感がしました。

なぜなら、彼女が私を呼ぶときは悪いニュースしか運んでいない。

また、彼女は私のカフェでたくさん前の日に注文をしました。

以前彼女が私のカフェで注文したのは、私のビジネスパートナーが仕事を辞めると事務所に報告したとき。

昨日も同じでした。私のお店で大量の飲み食い。

ということは…きっと私にとっても悪いことがあるのでしょう。

WE Academyオーナーが伝えたこと

彼の話は予想していた通りでした。

彼自身もお金がなく、困っているとのことです。

思っていたよりも生徒が入らないことに腹を立てています。

彼曰く、2.5ミリオンpeso毎月支払っていると話していましたがおそらく盛った数字だと思われます。

これまで誇張するのを何度も見てきましたから。。。

おそらくですが、最低かかるお金として、

家賃が480k(100万)

電気代300k(65万)

スタッフ、教師給与500k(120万)

その他200k(45万)

こんな感じで合計330万、これに水道、ガス、ネット、工事費用、などなど多くても400万はかかるのではないでしょうか。

最低でも生徒は60人は欲しいところ。

現状の40人では明らかにマイナスです。私でもわかります。

「Taka、来月からお前の家賃は40000から60000にする。払えないなら今月中に出ていけ(10月30日の出来事)」

「お前は俺に180K(40万)払わないといけない」

「お前の店はフィリピン人ばかり使っていて、WE Aademyの生徒が使わない」

「質問なんてないだろ」

だそうです。

とりあえず予定していた行動を私は取りました。

それは「決して責めずに、泣いて謝る。感謝する。」です。

彼の前で泣き(マネ)、「せっかくチャンスをいただいたのに活かせませんでした。」

みたいなことを彼の前で行い、会話をスムーズに終わらせておいたのです。

従業員と情報共有、そして退去の準備

学校ではハロウィンパーティをおこなっており、相変わらず私のお客がいるにも関わらず、スピーカーで音を大音量で流しています。

ドアを二つとも開けっ放しにしており、私が閉じてもすぐに開けてしまいます。

お客は本当に迷惑そうに彼らを見ています。

さて、もともとこの状況は来ると思っていたので予想外ではありませんでした。

ちょっと早く来ましたけれどもね。

さっそく従業員と情報共有をしたところ、Fannyは泣いてしまいました。

最近ある程度お客が付いてきていたし、新製品の食べ物、飲み物をさあこれから試そうと思っていた矢先の出来事でしたからね。

彼女からは、彼女が実は私のことをとっても好きだったことを打ち明けられました。

うれしい。

さて、私ができることは移動をすることです。

私が困っている状況であることをビジネスパートナーに伝えたところ、彼女が私を助けてくれました。

彼女は自分の学校開始で忙しい状況でしたが、ほかのビジネスパートナーたちと私の状況を共有してくれました。

彼女が助けるとグループチャットで決定し、

事務を行っている女性がトラックを手配し、

男性の信頼できる先生が部屋を手配。

私は、私はとても幸せでした。

さぁ、午前七時までに荷物をまとめていきます。

荷物をまとめます

段ボールを購入し、次々と荷物をまとめます。

お客がいましたが、目立たないところから荷物をまとめました。

状況がぐちゃぐちゃ、最後の日ということもあり、お客がいましたが、「ちょっと出かける。10には戻る」と伝え、日本人の友達と飲みに行っちゃいました。

Fannyも泣き疲れて帰っていきましたしね。

そしてお酒をたくさん飲んだ後の午後11時。

帰宅と共に作業開始です。

これも

これも

これもすべて移動しなければなりません。

きつい。

80㎝四方の段ボール8個に物品を積み、さらには照明、デコレーションなどできる限り外してまとめていきました。

荷物まとめ完了、そして午前7時

午前6時、アルコールも体から飛ぶとともに、荷物もまとめ終わりました。

WE Academyのスタッフが数人来ましたが、もちろん彼らはホーガン(WEのオーナー)には通報しません。

ただ、黙って私を見ています。

生徒も何人か来ましたが、彼らは私があまりにひどい状況で戦っていたことを知っていたので、もちろん励ましてくれました。

午前7時、トラックが来ました。

私の荷物があまりにも多かったので、片道45分の道を2往復です。

トラック運転手や積み込みにかかった人たちに対する費用は1200ペソ。

格安。

もし、正規の大きな車をレンタルして同じことをしていたら、4倍以上のお金がかかっていたようです。

そして、どうにかこうにか新しい街、サンタバーバラへと私は移動しました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク