MUSHIN JAPANESE CAFE その44 面接を通じて情報入手

前回はこちら

MUSHIN JAPANESE CAFE その43 面接開始

面接を開始していますが、やはり面接者からの視点は予想していた通り。

・あまりにロケーションが悪い(そう思う)

・パーテーションとか、壁をつけられないのか(WE Academyのオーナーが韓国人が切れるから無理)

・スタッフが普通に移動するのがうざい(俺のことをなめてる、客がいないからとおってかまわないと思っている)

・生徒はそりゃ学校にはいたくないと思う(同感)

俺がどれだけしんどい思いして戦ってきたと思ってるんだ!

って感じです。

こんなに苦しい状況で、どうやって戦うかを聞いています。

それぞれが意見を振り絞って出してくれています。

私は

・バリスタ

・アドバタイズ

この二つができる人材を雇うつもりです。

バリスタにレシピ聞いてそのまま模倣するのもいいかと思います。

それでお客が増えるのなら。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

直接お客に聞くようにし始めました

以前はきっとこうだから…みたいな形でお客が好きそうなことを探していたのですが、今はそうではなく、直接お客に聞くようにし始めました。

①女性2人組

クーポン持参のため、二度目の女性来店。

年齢は25歳前くらい。

他にも近くにはカフェがあるのにどうしてMUSHINに来たかを聞くと、

「ここが一番近いから」(立地面)と理由でした。

ご近所さんですね。

そして、私のWi-Fiパスワードを自動で渡す、クーポンを渡す行動に対してポジティブな意見をくれました。(サービス)

また、温度に関してはエアコンもそこそこ聞いていて寒すぎずにちょうどいい。音楽も小さめのジャズだから心地よい(快適さ)

とのことです。よしよし。

さらに何が欲しいかを尋ねたところ、

「日本のカフェなのは知っているけれども、フィリピンの料理も少し入れてくれたらうれしい」

と意見をくれました。これはためになる。

また、彼女たちは月に一度ミーティングを職場で開くそうです。そのための場所を探していると話してくれたため、

彼女と連絡先を交換し、事前に時間や人数を教えてくれたら、テーブルをセットすることや、食べたいものがあればそれも事前に作れることを伝えました。

宴会セットみたいな感じかもしれません。

彼女たちが私の場所をミーティング場所として使ってくれるかはわかりませんが、使ってもらえたらチャンスアップですね。

今回彼女たちは4時間ほどお店で過ごしてくれたので、おそらくは快適だったのかと思います。

②女性一人来店

フェイスブックをみて来店された25歳くらいの女性。

車で来たことからお金があることがうかがえます。

彼女の要望は「MAKI」つまり、のり巻きのことです。

こっちではカルフォルニアロールみたいなものを指しますね。

保存はできませんが、注文を受けてから作ることは可能です。

彼女は結局ラーメンを注文し、すべて食べてくれました。

パスタ麺はあまりよくなかったので、通販で購入した乾燥卵麺を使ったことがよかったのかもしれません。

その後、私が最近ハマっているベトナムコーヒーをJosieと彼女の3人でシェア。

彼女は「おいしい!!」って話してくれたことからも、そこそこよかったのではないでしょうか。

彼女も携帯使って3時間くらい滞在してくれました。

しばらくは直接聞き込みをします。

営業をしてみた

この図を見てください。

学校を検索してみました。

私のMUSHINの近くにはSan-Joseという高校があります。

プライベート学校、つまりお金がある程度ある子供が通える学校です。

以前、ちょっとだけ生徒が来てくれたんですが、当時はWi-Fi、エアコンもなく、相当不愉快な思いをさせてしまいました。

ちょっと来てもらってから、来てもらえなくなったのです。

ですが、彼らは私を見ると、男の子も女の子も

「Takaさーん!!」

って手を振ってくれます。かわいい

左の彼です。

そこで今回ちょっと強引にあたってみました。

写真を追跡してFBアカウントを探し、

偶然名前を見つけたことにして連絡を取り、

元気かどうかを聞く。

その後お願いがあると伝えました。

20%割引のチケットを友達に渡してくれないかというお願いです。

思いの他、あっさりOK。

エアコン、Wi-Fiが安定したから落ち着いて勉強できること。

また、安いメニューもあるから学生でも楽しめること。

この2点を伝えました。

さて、どうなるかな。

私の作戦としては、

割引券を取りに来てくれた時に、エアコンを感じてもらう。(快適さ)

再度お客として来てくれた時にスタンプカードを渡す。(サービス)

65ペソセットの話を伝え、かつ、何が食べたいかも聞く。(顧客とかかわり、ニーズを把握する)

このプランで行くつもりです。

学生は連なる傾向があるので、うまくいけば、複数来店が望めます。

その時には事前にFBで連絡をくれたら、時間通りに食べ物や飲み物を用意できるようにすることも伝えようと思います。

うまくいけばいいな。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク