MUSHIN JAPANESE CAFE 2020 その12 お仕事をしない従業員に去ってもらいました

フィリピン・イロイロにある田舎町、サンタバーバラにてたこ焼きやラーメンを販売しながらどうにか生活をしているTakaです。

どうにか休みを作れるようになった思ったのもつかの間。

新しく雇った従業員Jade態度に問題が多く、受け入れが困難な状況になってしまいました。

今回は従業員に「あなたの受け入れは難しい」と伝え、退職してもらった話です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

仕事を舐めてるのかな?

Josie
Josie
Taka~
Jadeが仕事中にずっと携帯をいじってるの。

お客が来ても電話で話しながら接客をしているよ。

え?
ちょっと彼女の様子を見ながら働いてみるか…
Taka
Taka
うわ・・・
本当だよ。
なんでこんなことで俺がストレスを抱えなきゃならんのだろう。。。
Taka
Taka

厨房にいることが多かったので、合間合間に彼女の働く様子を観察してみることにしました。

すると、彼女の行動が私にストレスを与えていることがよくわかる結果となりました。

彼女の勤務中の様子

・お客がいるのにも関わらず、イヤフォンを使って誰かと通話を継続している

・お客が彼女と話をしていたのに電話対応で会話を遮り、自分の世界に没頭する

・Josieが忙しく働いていても手伝わないでメール返信に夢中

・私が汗を流して働いても、椅子に座ってのんびり

・基本的な作業報告が一切ない

・電話の内容が「私の体はあなたに簡単に上げないわよ」など、場にそぐわない

うーむ。

かなり痛々しいですね。

お店の周りのチキン屋の女性は私に電話のジェスチャーをして、「こいつだめだわ、Taka」みたいなしぐさをしてます。

オーナーのところで働いている従業員も初日は彼女と話したものの、二日目からは苦笑い。

きっと彼らは彼らなりに痛々しいものを感じたのでしょう。

とりあえず伝えたいことは山ほどあったのですが、

①勤務時間中は通話を行わない

②お客がいないときにはインターネット、チャットをしてもかまわない

この2点だけ確認し、合意形成をしました。

ですが、翌週になっても同様の行為がまた発生。

その日の終わりにもう一度彼女に確認をする私。

すると翌日、また電話を使用しています。

Josieがイライラして彼女のお客の前で通話しているところを隠し撮りして、休憩中の私に送ってきました。

完全にアウトですね。

ですが、その後に確認をしたときには「私は電話を使ってない」と話す彼女。

悪いフィリピン人あるあるの「簡単に嘘をつく」にあてはまるようです。

さらに続く困った彼女

さらにお客からお給料の話になった時のことです。

ねーねー。
給料いくらもらってるの?
めっちゃ安いよ
1日200ペソくらい?
それよりちょっといいくらい。
今週で最後になるかも
他の仕事するかも

めっちゃ安いって…

そんなことないと思うけれどもなぁ…。

地域の最低賃金よりも高い400ペソを渡しているし、

昼食はいつも無料

毎日アイスや冷たいジュースの差し入れ

私が市内に行ったときにはチョコレートなどのお土産

などなど、至れり尽くせりだと思っていたのですが、伝わらなかったようです。

できる範囲でJosieと同レベルで彼女をいたわってきたつもりです。

暑い中でたこ焼きを焼くのは大変なのわかっていますからね…

だから今回の件はちょっと残念でした。

お客からもクレームが入ってしまいました。

当たり前ですよね。

彼女と面接

私は携帯は一度も使って電話で話していません!
Taka
じゃぁこの画像はなに?
なんで客の前で携帯使って話してるの?
この後すぐに携帯は椅子の上に落としました
Taka
最初に携帯使ってないって話してたじゃん。
俺のこと馬鹿にしてんの?
けど、私だって一生懸命に働いてます。
Taka
お客からあなたのことでクレーム来てるんだけど
それはお客の勘違いです
今後どうするかはあなた次第です

やばい…Jadeは相当やばい…。

とことん嘘をつきまくる彼女。

私に対して尊敬している様子は全く見せませんし、謝罪すらしません。

しまいには私と打ち合わせをしているのに携帯を使いだす始末。

彼女には彼女のルールがあって、私がそれを理解していないのが悪い、というような態度を感じてしまいました。

できる限り従業員のことはサポートしたかったけれども、今の私のところでは彼女を支えるのはこれ以上無理だと判断しました。

感情に任せて解雇はしたくなかったので、一晩考え次の日にメールで一緒に働けないことを伝えて終了です。

年齢も若くはないし、学歴もないし、強いコネクションもない彼女。

どうやって一人で娘を育てるかはわかりませんが、違う道でたくましく暮らすこと願います。

Josieもイライラしていたようですが

Josie
私、TakaがいないときにJadeに「私はあなたに怒っている」って伝えたよ。
Taka
それ、今後は一切やらないでね。
Josie
なんでよ!?
Taka
Josieの強みが減るから。
Josieの長所は誰とでも楽しく話ができることでしょ?
Josieが怒るとスタッフはもう誰とも話せなくなっちゃうの。
Josie
あ、そっか。
Taka
だからそういう大変な仕事は全部俺がするよ。

俺が怖がられるのはいいんだよ。

「いつもガシガシ働くなんか怖い日本人のTaka」
「いつも楽しそうなJosie」

この状態だとバランス取れているから、スタッフも周りの人も楽なんだよ。

Josie
確かにそうかも。。。

こんなときは一人でビールを飲むのが一番。

1ミリくらい韓国人経営者が「Taka、フィリピン人は基本信じるな。あいつらは仕事を舐めてる」と話していたときの気持ちがわかった私です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク