MUSHIN JAPANESE CAFE 2020 その5 ハエがひどいので対策を講じています

フィリピン、イロイロにある田舎町サンタバーバラにて、たこ焼き販売をしているTakaです。

電気が通って冷たい水が飲めるようになり、扇風機が回り、さらには下準備した野菜を保存することができるようになりました。

そして無事に一緒に働くJosieにお給料も渡すことができました。

前回はこちら

フィリピン、イロイロの田舎町サンタバーバラにてたこ焼き販売をしているTakaです。 先日、一緒に働いてくれているJosieにお給料を支...

今回は、あまりに多いハエに対しての対策を講じる内容となっています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ハエがおおい!!

Josie
あーっ!!
このハエうざいわね!!
Taka
確かにひどい。
これは多すぎるよ…
Josie
なんとかならないのかしら!?
こういう状況でもJosieは何も調べないんだよなぁ。

Josieってよりも、フィリピン人らしい考えなのかな?
まぁ、いつも通り「いいお手本を見せ続ける」を実行するするしかないか…。

Taka
Taka

あまりにハエが多い私のお店内ですが、それには理由があります。

チキン屋さんの下水パイプから汚水が漏れていて不快なにおいと共にハエを発生させているのでした。

気が付いたのはお店を借りて2週間後でした。

最初は迎えのチキン屋がやらかしていると思っていました。

チキン屋の汚水が原因ですが、根本的なのは設備の不備のため私はオーナーだと思ったのでした。

ハエのために作戦を練る私

オーナーに訴える前に、ハエを何とか減らそうとまずは自分自身でできることを考え悪戦苦闘する私。

作戦1. ペットボトルのトラップ

ネットで調べて、ペットボトルのトラップを用意してみました。

結果は…ほとんど効果なし。

主な理由はたこ焼きのほうがハエにとってはご馳走であり、においが強いため、ペットボトルには入りたがらないからのようです。

作戦2. 電撃ラケット

そこそこいけます。

けれども定期的にハエを殺す作業が面倒くさいし、何より作業が面倒。

作戦3. ハエ取り紙

勝手にどんどんハエがくっついていきます。

毎日40匹程度でしょうか。

この量は明らかにひどい。

ハエ問題まとめ

・今の対策は、「発生しているハエをどう処理するか」のため、根本的なハエの侵入を防ぐことにはつながらない。

・ハエの発生を防ぐためには汚水が流れ出る壊れたパイプの修理が必要。

・または、完全チキン屋と遮断する壁のようなものを設置するのが効果的だと思われる。

今はお金がないこともあり、ハエ取り紙での対策を講じていますが、お金を作ることができたらもっと効果的な解決方法が必要そうです。

オーナーにも直接話してみた

フィリピン人はトラブルをとことん避ける傾向があり、Josieはオーナーとの交渉をためらっていましたが、私の役目なのでオーナーに直接話をしてみました。

Taka
オーナー!!
オーナーの助けが必要なんです!
見てこれ!!
汚水がここから漏れていてひどいことに…
これはひどいねぇ。
Taka
(知ってたくせに…)
でしょ!
今もJosieがこうやって床に洗剤まいて床掃除してるの。
俺らは何にも関係ないのに。
このハエ取り紙も見て!!
たった1日でこんなひどいことに…
チキン屋がマネージャーと話しあいをするって言ってるよ。
修理するみたい。
Taka
本当に?
今、私の前でもう一度確認してもらえますか?
わかったよ
Taka
ありがとうオーナー!
お礼にビール1ケース買うよ!!
(これでまずは様子を見るか)
Josie
Taka、冗談じゃなくてほんとにオーナーと話したんだね。。。

迅速にチキン屋のマネージャーが排水管周りを修理してくれることを願います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク