MUSHIN JAPANESE CAFE その53 ビジネスパートナーから大事な話がありました

前回はこちら

MUSHIN JAPANESE CAFE その52 9月のまとめ

スポンサーリンク
スポンサードリンク

彼女から大事な話

今日の午前中に私のビジネスパートナーが私のところにきて、話しかけてきました。

彼女とは最近なんとも言えない距離感でしたので、何か私に対してネガティブなことを伝えるのかと少し身構えたのですが、やはり彼女から大事な話があったのです。

それは、彼女がWE Academyを間もなくやめるということでした。

そして、20㎞程度離れたところで自分たちで経営する語学学校をつくるとのことでした。

彼女はWE Academy創設時の2003年からずっと働いていたベテラン先生です。

ずっと韓国人オーナーにうんざりしながらも、生徒が好きだという理由のみで働いていました。

今回彼女が辞めるにあたって、彼女はほかの3人の大ベテラン先生と一緒に辞めることを考えているようです。

彼女たちが辞めることは間違いなくWE Academyにとって大きなダメージとなります。

おそらくほかの先生方も数名辞めることになるでしょう。

それだけWE Academyの韓国人オーナーに対して苦手意識を持っている先生が多いということです。

ベテランが去ったWE Academyには、英語をしっかり教えることができる少しの先生と、ほとんど英語を教えることができないような、私からしたらお金を支払うに値しない人材しか残らないことになります。

このことが私に対してどう影響するのか。

彼女からのオファー

彼女からは私に引越しのオファーがありました。

彼女曰く、彼女が予定する語学学校の1階に空きスペースがあり、そこの場所をカフェに使うのはどうかとのことでした。

家賃は8000ペソだそうです。今の半分以下。

電気代は使用料のみなので10000ペソ程度です。これも今のWE Academyの韓国人オーナーの強引で根拠のない20000ペソと比較して半分です。

つまり、月の使用量は20000ペソ程度になります。

今の半分の金額です…。

私は彼女が私に対して愛想をつかして、私から離れていってしまうものだと思っていましたが、違ったのですね。

また、これはかなり難しいですが、私がもし日本人の生徒を見つけて彼女のところに連れてくることができるようならば、それに対する利益を支払うとのことです。

いわばエージェントの働きです。彼女たちからしたらお客が欲しいでしょうから…。

私はたくさんのことを考えなければいけません。

まずは今私が困っていることを整理していかないと。

私が今困っていること

今の私はWE Academyの韓国人オーナーの話を信じてしまって、こんなことになってしまいました。

彼のような人を信じたことで、たくさんの迷惑をこうむっている状況です。

彼は今日から、毎週火曜日と木曜日にZUMBAというダンスプログラムをスタートしました。

私のカフェスペースのすぐ隣で大きな重低音を流しだしており、大迷惑です。

もちろん私には一言も相談がありません。

突然の重低音に私のお客も戸惑っています。

私もつらい。

WE Academyの韓国人オーナーを信じた故に発生してしまっている今の私の困りごと

・20000ペソと話していた家賃、電気代が突然40000ペソに値上がり。

・壊れたエアコンを取り付け、私に修理費用を支払わせる。

・カフェゾーンと学校ゾーンの区切りをつけることを拒否。そのためエアコンをつけてもまだ暑い。

・カフェの入り口に「WE Academy」大きな学校のステッカーを貼り付けているため、お客から入りづらいとクレーム。

・毎週2回、私のお客がいても構わずに重低音を流しZUMBAレッスン。

・WE Academyスタッフによるドア、窓の開けっ放し。それによるハエ、暖気の侵入。

・WE Academyスタッフが私のカフェの出入り口から移動し、お客がいるのにも関わらず大声で話す。

・住宅街にあるために人が来ない。

・ショッピングモールまで歩いて3分のため、生徒にとって利益がない。

・門限がないため、生徒がカフェを使って勉強をする必要がない。

・違法営業(契約書を作ってくれと話しても渡さない。)

私にとっては本当に本当につらい状況が続いており、それでもどうにかできることを少しずつスタッフと協力して行い、どうにか毎日2000ペソを売ることができるようになってきました。

いい日には4000ペソを売ることができるようにもなりました。

本当に大変な中でどうにか作り出している状況です。

上記のことに関しては、間違いなく今後の改善は見込めないでしょう。

WE Academyのオーナーは半年後に家賃を45000ペソに上げるとまで言い出しています。

ショッピングモールに出店するよりも高い家賃です。

土地の相場がわかっている人たちからは、「せいぜい家賃は13000~15000。電気代は10000程度」という話を聞いています。

彼の狙いはわかりませんが、私にとって今のWE Academyは価値が全くありません。

この状況が今後も続くと思うと本当にしんどい…。

オファーがあった場所

あたらしい引越し場所はサンタバーバラ Santa Barbara という空港の近くの町になります。

私が今住んでいるイロイロ市は340000人の人口。

それに対してサンタバーバラは64000人の人口です。

イロイロからの距離はジプニーで35-40分。

車だと調子がいいと25分。

条件がよくないような…

しかしながら

今の私のお店の前の通りは以前投稿した通り、住宅地なので人通りはまばらです。

お昼ご飯の時間は1分間当たり約10人の人の移動がありますが、普段は1~2人しか歩いていません。

なので、人口の割には私が得ている恩恵は本当に小さなものです。

これから時間をかけてもう少し今の自分の状況を整理していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク