フィリピンでカフェ経営 オープン前準備その16 壁を塗ったりしました

スポンサーリンク
スポンサードリンク

どんどん遅れる予定

私が初めにカフェを経営するオファーをもらったのは確か1月です。

4月からカフェをスタートするから準備をしろ、みたいな話だったと思います。ですが今日の時点でもうすでに4月28日です。

語学学校のマネージャーをしていた時には2月中旬にはコネクションのあるすべてのエージェントに4月スタートとの連絡を入れたのですがこのありさま。

個人的には人としてどうなのかと思うレベルです。

この3週間連続して「Taka,来週からスタートするから終わらせろ」みたいなことを言われています。

間違いなく私の進度よりも彼のほうが遅いのにその強気発言。

よくわかりませんが、毎日一生懸命に準備をするしかありません。

壁を塗り始めました。

こんな感じで塗装を購入。

大工さんのあんちゃんのかかわり方も慣れてきた。

今やっている作業ではなく、今やっている作業は継続してもらって次の作業に何が必要なのかを聞き出し、それを本人に紙媒体に書かせる。

何か気になることがあればその時点で突っ込む。金額とか必要数とか。

ってな感じでペンキ塗りスタートです。

こんな風にテープを使うと端がきれいになるようです。

そんなことも知らないくらい素人ですが私自身ももちろん塗ります。

結構黒くなってきました。

作ったキッチンカウンターとプリンなどのショーケースを乗せるための台の淵も黒くなることに…

天井は白のまま、パイプも白、壁は黒、という感じのコントラストがきれいに生えればいいのですが、よくわかりません。

無理やり日本を模倣する姿勢がよい

近くの個人のハードウェア屋さんに毎日のように通って材料の調達をしているのですが、ふと話しかけられました。

「これ、日本製品なんでしょ?なんて書いているのか教えてよ」

どれどれ…

「あー、これはたぶん中国が日本の製品を模倣していると思うよ。」

「文法が変だし、文章としておかしいところたくさんあるから間違いなく日本製品ではないよ。」

なんだかショックそうでした。

仕方ない。

メソッドを使用する

角質を削除する膜

言いたいことはわかるんだけれども、なんだか響きがすごいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク