フィリピンでカフェ経営 オープン前準備その6 日本の簡単なスイーツを販売したい

前回はこちら

私の周りでのフィリピン人による日本茶ニーズ せっかく日本人のカフェをオープンするのだから日本茶を提供したいんですよね。 私はフ...

私が住んでいるフィリピンのイロイロには、いくつかの日本料理屋さんがありますが、日本のスイーツを取り扱っているお店は今のところありません。

日本のスイーツはたくさんありますけれども、簡単、かつ、フィリピン人に受けるとなると私にできるメニューは相当限定されていきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

かぼちゃだんご、いもだんご

先日、私の学校で働いている講師の人たちに試しに「かぼちゃだんご」「いもだんご」を作って提供してみたところ、なかなか好評でした。

写真は私が作ったものではないですけど、こんな感じの普通のかぼちゃだんごです。

私が思っていた通り、フィリピン人の味覚にマッチしていたんですよね。

基本的に彼らは、

①甘いもの

②やわらかいもの

を好む傾向があります。


かぼちゃだんご、いもだんごは冷凍保存できるのが強みです。

私が普段作るときには、棒状に伸ばしたものを包丁を使って均一の厚みになるように切っています。

注文に対して即対応できるように、輪切りにした焼く前の状態のおだんごを、一人前の量ずつ小さいタッパーに小分けして冷凍保存しておけば初心者スタッフでもすぐに調理に取り掛かることができそうですね。

原材料も全てフィリピンで手に入るのは魅力的です。

抹茶、きなこ、みたらしの白玉

白玉団子も考えています。

最初は日本から大量に冷凍の白玉団子を仕入れようかと思ったのですが、フィリピンに冷凍輸送するサービスを見つけられなかったので、自分で作ろうと考えています。

こんな感じで、抹茶やきな粉の白玉だんごに黒蜜をかけて食べることをイメージしています。

味はまだ試していないですけれども、かぼちゃだんごやいもだんごの反応を見ている限りはいけることでしょう。

白玉粉はこれを選びました。

火乃国 白玉粉 雪 250g×5袋

抹茶はこれを買う予定です。

評価が高くて値段も高くない。

T お菓子づくりに安心 殺菌 抹茶 3号 500g 製菓 食品 加工用 /ホ/ 粉末 業務用 グリーンティ パウダー スイーツ お菓子 抹茶ラテ

きな粉に関してはこちらを購入します。

火乃国 きな粉 200g×5袋

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク