フィリピンでカフェ経営 オープン前準備その5 日本茶販売に向けて

スポンサーリンク
スポンサードリンク

私の周りでのフィリピン人による日本茶ニーズ

せっかく日本人のカフェをオープンするのだから日本茶を提供したいんですよね。

私はフィリピンでも緑茶やほうじ茶を飲むことが結構ありますし、まわりの日本人留学生からも飲みたいとの声を聞くことが割とあったりするんです。

フィリピン人の中でも日本のお茶に関心をもってくれている人が私の周りにもいたりします。

というわけでお茶の提供に向けて取り組んでいます。

日本茶を頼んだお客に対するサービス

私はサービスで他のカフェがしていないことを提供しようと考えています。

全ての飲み物に関して、テイクアウトのお客は常時20パーセントオフ、店内で召し上がるお客にはスナックのサービスをする予定です。

ということで、日本茶にあうお菓子を探していたところ、ひとつのお菓子にたどり着きました。

それは、かりんとうです。

フィリピン人は甘い食べ物が好きなのですが、自国のお菓子やケーキに対して「甘すぎる」と文句を言う人も珍しくありません。

だから日本の甘すぎないお菓子で、かつ、和の雰囲気があるかりんとうなら彼らのハートをつかめると短絡的に考えた次第です。

というわけで、かりんとうを検索・・・。

ジェーシーシー お買得気分黒かりんとう 135g×12個

これが量が多くて値段もお手ごろでした。

送料無料だし。

お茶は…、これかな。


宮崎茶房(無農薬栽培)、百姓番茶(釜炒り茶)1kg、

amazonの評価それなりに高いし、値段もお手ごろだからこれに決めた。

というわけでamazon使って注文して取り寄せておきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク