DMM英会話の無料配布している教材のレベルが高くてすごい

たくさんのオンライン英会話がありますが、DMM英会話で無料配布している教材はその中でも群を抜くクオリティだと思います。

初心者から上級者までその人のレベルや目的別に合わせてきめ細かく教材を用意してあるからです。

初級レベルからステップアップしていけるように計算された教材だと思います。初めて見たときは驚きました。

それでは実際にどのような教材なのかを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

DMM英会話の学習教材はどんな感じ?

これが検索画面です。自分のレベルや学習の目的別に合わせて全部で70教材があり、全て合わせたレッスン総数は3,000以上。相当なボリュームです。

内容は、会話・ニュース・写真描写・トラベル・ビジネス・文学・発音・語彙・ディスカッション・文法・キッズ・試験・メディカルなど相当幅広いです。

これをしっかり先生とマンツーマンで行えば、間違いなく英語がペラペラになると思えるくらい充実しています。

それでは、会話教材を見てみましょう。レベルが1からあるので初心者用の内容があるということですね。

どんな内容の学習があるのか、「基本の会話」を見てみましょう。

こんな感じです。挨拶・自己紹介など本当に基本的なところからのスタートのようです。

実際のテキストはどんな感じかというと…

説明文も日本語ですし、ルビまで振ってくれています。

内容自体もとても簡単ですが、しっかりと講師の先生との会話になるようにテキストが考えられているのがわかりますね。

これならお子さんや英語の初心者の方でも気軽に始めることができそうです。

ちなみに、レベル10のテキストはこんな感じでした。

質問自体もすべて英語ですし、課題に対して自分自身はどう考えるかを英語で述べるスピーチ形式の問題ですね。

しっかりとレベル分けされているのがよくわかると思います。

フリートーク中心の英会話は実力が伸びにくい

私が以前使っていたオンライン英会話はとにかくフリートークが好きな先生が多かったです。

私自身も全く英語が話せなかったこともあり、フリートークに何とか乗っかっていく自分自身が英語を話したり聞いたりできるような気持ちになっていたのですが、実際はそんなことありません。

英語の力を伸ばすのは学習するしかありません。

フリートークは確かに会話をしているけれども、すでに自分が持っている引き出しの中から言葉を表現する(アウトプット)ため、新しい単語や文法を覚えていくこと(インプット)にはつながりにくいです。

どうしてそうなってしまったのかというと、そのオンライン英会話は教材がほとんどないため、先生も何をしたらいいかわからない、ということが理由でした。

DMM英会話はご覧の通り教材が豊富なため、絶えず英語を学び続けることができる仕組みが上手に作られていますし、確実に力が付くようにも作られていますよ。

 
こちらも合わせてどうぞ

<<24時間レッスン可能!DMM英会話のレッスンスケジュール

<<登録数6,000人超!DMM英会話の講師陣がすごい

<<DMM英会話の費用はいくら?気になる費用まとめ

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク